アフターピルとは|避妊や生理不順に効果的な低用量ピル・アフターピルを安い値段で購入

アフターピルとは

瓶から出ている錠剤

一方、アフターピルは低用量ピルと違った目的、服用方法となっているので注意しましょう。
アフターピルは「緊急避妊薬」と呼ばれることもあり、意図しない妊娠をしてしまいそうな緊急事態に服用する避妊薬となっています。
例えば、正しくコンドームを着用したにも関わらず、使用途中で敗れたことによって膣内に射精してしまった場合です。
コンドームは優れた避妊具ですが、このように破損してしまうと意味はなくなってしまいます。
空いた穴から精子が漏れてしまい、妊娠する確率は一気に跳ね上がってしまいます。
こういった状況で活躍してくれるのがアフターピルです。

アフターピルは性行為後72時間以内に服用することで避妊効果を発揮してくれます。
低用量ピルと同じように、ホルモンバランスを乱すことで着床や受精、排卵を防ぐのです。
性行為後72時間以内に服用すれば避妊効果を発揮してはくれますが、なるべく早いタイミングで服用した方が避妊率は上がるので注意しましょう。
そのため、いつ避妊に失敗してもすぐその場で対処できるよう、アフターピルは前もって購入しておくことが望ましいでしょう。

アフターピルを服用したあと、避妊に成功しているか否かを判断する方法ですが、それは服用後の消退出血で判断できます。
アフターピルを服用することで強制的に生理を起こすことができるのですが、このときの出血を消退出血と呼びます。
消退出血が起きれば着床ができない状態になるため、避妊に成功していると言えるでしょう。
3日~3週間と消退出血が起こる日数は個人差がありますが、3週間を過ぎても起こらない場合は避妊に失敗している危険があります。
その場合は医師に相談し、妊娠検査を受けるようにしましょう。